研究スタッフ

研究スタッフ

遠藤 玉樹 (えんどう たまき)

遠藤 玉樹
職名
准教授
専門分野
細胞機能工学、生体分子機能工学
研究のキーワード
遺伝子発現解析、核酸構造制御、核酸‐タンパク間相互作用、分子認識核酸、環境応答分子
所属学会
日本化学会、日本化学会生体機能関連化学部会、日本RNA学会
略歴
〜2001年 東京工業大学生命理工学部生物工学科
2001年〜2003年 東京工業大学大学院生命理工学研究科生命情報専攻(修士課程)
2003年〜2006年 東京工業大学大学院生命理工学研究科生命情報専攻(博士課程)
2006年〜2009年   岡山大学大学院自然科学研究科 特任助教
2009年〜2016年 甲南大学先端生命工学研究所(FIBER) 講師
2016年〜 甲南大学先端生命工学研究所(FIBER) 准教授
学位
博士(工学)
主要な著書・論文
  • T. Endoh, T. Ohyama, and N. Sugimoto
    RNA-capturing microsphere particles (R-CAMPs) for optimization of functional aptamers
    Small, 15, in press (2019).
  • T. Endoh and N. Sugimoto
    Co-transcriptional molecular assembly results in a kinetically controlled irreversible RNA conformational switch
    Anal. Chem., 90, 11193-11197 (2018).
  • A. B. Rode, T. Endoh, and N. Sugimoto
    tRNA Shifts the G-quadruplex–Hairpin Conformational Equilibrium in RNA towards the Hairpin Conformer
    Angew. Chem. Int. Ed., 55, 14315-14319 (2016). [Selected as an Inside Back Cover]
  • T. Endoh, A. B. Rode, S. Takahashi, Y. Kataoka, M. Kuwahara, and N. Sugimoto
    Real-time monitoring of G‑quadruplex form
    Anal. Chem., 88, 1984-1989 (2016).
  • T. Endoh, D. Hnedzko, E. Rozners, and N. Sugimoto
    Nucleobase-modified PNA suppresses translation by forming a triple helix with a hairpin structure in mRNA in vitro and in cells
    Angew. Chem. Int. Ed., 55, 899-903 (2016). [Selected as a Front Cover]
  • T. Endoh and N. Sugimoto
    Rational design and tuning of functional RNA switch to control an allosteric intermolecular interaction
    Anal. Chem., 87, 7628-7635 (2015).
  • T. Endoh, Y. Kawasaki, N. Sugimoto
    Suppression of gene expression by G-quadruplexes in open reading frames depends on G-quadruplex stability
    Angew. Chem. Int. Ed., 52, 5522-5526 (2013).
  • T. Endoh, Y. Kawasaki, N. Sugimoto
    Stability of RNA quadruplex in open reading frame determines proteolysis of human estrogen receptor α
    Nucleic Acids Res., 41, 6222-6231 (2013).
  • T. Endoh, R. Shintani, M. Mie, E. Kobatake, T. Ohtsuki, M. Sisido
    Detection of bioactive small molecules by fluorescent resonance energy transfer (FRET) in RNA-protein conjugates
    Bioconjug. Chem., 20, 2242-2246 (2009).
  • T. Endoh, H. Funabashi, M. Mie, E. Kobatake
    Novel Method for Detection of Specific Nucleic Acids by Recombinant Protein with FRET
    Anal. Chem. 77, 4308-4314 (2005).
→ その他の研究実績
学会等における受賞
                                                                                      
2005年7月 The 6th International Conference on Intelligent Materials 高木賞
2006年3月 日本化学会第86春季年会 学生講演賞
2008年3月 日本化学会第88春季年会 優秀講演賞(学術)
2008年5月 遺伝子・デリバリー研究会 第8回シンポジウム 奨励賞
2012年3月 日本化学会第92春季年会 優秀講演賞(学術)
2012年11月 第39回国際核酸化学シンポジウム ISNAC Outstanding Oral Presentation Award for Young Scientist in 2012
2012年11月 The First International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2012) ISBC2012 Poster Award
2013年9月 第7回バイオ関連化学シンポジウム バイオ関連化学シンポジウム講演賞
2017年3月 日本化学会第97春季年会 若い世代の特別講演会特別講演証
連絡先
研究室:甲南大学ポートアイランドキャンパス3階
e-mail:t-endoh@konan-u.ac.jp