研究スタッフ

研究スタッフ

高橋 俊太郎 (たかはし しゅんたろう)

高橋 俊太郎
職名
講師
専門分野
生体関連化学、生命物理化学
研究のキーワード
DNA、四重らせん構造、核酸関連酵素反応、相互作用解析、機能解析、高圧核酸化学、機能化材料
所属学会
日本化学会(生体機能関連化学部会)、高分子学会、日本高圧力学会
略歴
〜2002年 東京工業大学生命理工学部生体分子工学科
2002年〜2004年 東京工業大学生命理工学研究科生体分子機能工学専攻(修士課程)
2004年〜2007年 東京工業大学生命理工学研究科生体分子機能工学専攻(博士課程)
2007年〜2012年   東京工業大学生命理工学研究科生体分子機能工学専攻 特任助教
2012年〜 甲南大学先端生命工学研究所(FIBER) 講師
学位
博士(工学)
主要な著書・論文
  • S. Takahashi and N. Sugimoto
    “Effect of pressure on thermal stability of G-quadruplex DNA and double-stranded DNA structures”
    Molecules, 18, 13297-13319 (2013).
  • S. Takahashi and N. Sugimoto
    “Effect of pressure on the stability of G-quadruplex DNA: thermodynamics under crowding conditions”
    Angew. Chem. Int. Ed., 52, 13774-13778 (2013).
  • S. Takahashi, H. Furusawa, T. Ueda, and Y. Okahata
    “Translation enhancer improves the ribosome liberation from translation initiation”
    J. Am. Chem. Soc., 135, 13096-13106 (2013).
  • S. Takahashi, H. Isobe, T. Ueda, and Y. Okahata.
    “Direct Monitoring of Initiation Factor Dynamics through Formations of 30S and 70S Translation Initiation Complexes on a Quartz-crystal Microbalance”
    Chem. Eur. J., 19, 6807-6816 (2013).
  • S. Takahashi, K. Tsuji, T. Ueda, and Y. Okahata.
    “Traveling time of a translating ribosome along mRNA monitored directly on a quartz crystal microbalance”
    J. Am. Chem. Soc., 134, 6793-9800 (2012).
  • S. Takahashi, K. Hisanaga, A. Yoshida, and Y.Okahata.
    “Real-time monitoring of a step-wise transcription reaction on a quartz-crystal microbalance”
    Anal. Biochem., 421, 732-741 (2012).
  • S. Takahashi, M. Iida, H. Furusawa, Y. Shimizu, T. Ueda, and Y. Okahata.
    “Real-time Monitoring of Cell-Free Translation on a Quartz-Crystal Microbalance”
    J. Am. Chem. Soc., 131, 9326-9332 (2009).