研究スタッフ

研究スタッフ

建石 寿枝 (たていし ひさえ)

建石 寿枝
職名
講師
専門分野
生命化学、 生体機能科学
研究のキーワード
DNA、RNA、機能性核酸、構造解析、相互作用解析、溶液化学、分子認識、環境因子
所属学会
日本化学会(生体機能関連部会)
略歴
〜2003年 甲南大学理学部化学科
2003年〜2005年 甲南大学大学院自然科学研究科化学専攻(修士課程)
2005年〜2008年 甲南大学大学院自然科学研究科生命・機能科学専攻(博士課程)
2005年〜2008年 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
2008年〜2009年   株式会社ファイン 研究開発課 研究員
(2008.4〜6 米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 客員博士研究員を兼務)
2010年〜 甲南大学先端生命工学研究所(FIBER) 助教
学位
博士(理学)
主要な著書・論文
  • H. Tateishi-Karimata and N. Sugimoto
    Structure, stability and behavior of nucleic acids in ionic liquids
    Nucleic Acids Res., 42, 8831-8844 (2014)
  • H. Tateishi-Karimata, M. Nakano, and N. Sugimoto,
    Comparable stability of Hoogsteen and Watson-Crick base pairs in ionic liquid choline dihydrogen phosphate
    Sci. Rep., 4, 3593 (2014)
  • H. Tateishi-Karimata, N. Isono, and N. Sugimoto
    New insights into transcription fidelity: thermal stability of non-canonical structures in template DNA regulates transcriptional arrest, pause, and slippage
    PLoS One, 9, e9058 (2014)
  • H. Tateishi-Karimata, S. Pramanik, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
    Dangling ends perturb the stability of RNA duplex responsive to surrounding condition
    ChemMedChem, 9, 2150-2155 (2014) [Selected as Inside Cover]
  • H. Tateishi-Karimata, S. Nakano, and N. Sugimoto
    Quantitative analyses of nucleic acid stability under the molecular crowding condition induced by cosolutes
    Curr. Protoc. Nucleic Acid Chem. 53, 7.19.1-7.19.17 (2013)
  • H. Tateishi-Karimata and N. Sugimoto
    A-T base pairs are more stable than G-C base pairs in a hydrated ionic liquid
    Angew. Chem. Int. Ed., 51, 1416-1419 (2012)  [Selected as Back Cover and Hot Topic]
  • S. Nakano, H. Tateishi-Karimata, Y. Kitagawa, and N. Sugimoto
    Facilitation of RNA enzyme activity in the molecular crowding media of cosolutes
    J. Am. Chem. Soc., 131, 16881-16888 (2009)
→ その他の研究実績
特許
特開2012-244916 「核酸分子の安定性を制御するためのイオン液体の利用」
他2件(2013年)
連絡先
研究室:甲南大学ポートアイランドキャンパス5階
e-mail:tateishi@center.konan-u.ac.jp