研究スタッフ

研究スタッフ

建石 寿枝 (たていし ひさえ)

建石 寿枝
職名
講師
専門分野
生命化学、 生体機能科学
研究のキーワード
DNA、RNA、機能性核酸、構造解析、相互作用解析、溶液化学、分子認識、環境因子
所属学会
日本化学会(生体機能関連部会)、イオン液体討論会
略歴
                            
〜2003年 甲南大学理学部化学科
2003年〜2005年 甲南大学大学院自然科学研究科化学専攻(修士課程)
2005年〜2008年 甲南大学大学院自然科学研究科生命・機能科学専攻(博士課程)
2005年〜2008年 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
2008年〜2009年   株式会社ファイン 研究開発課 研究員
(2008.4〜6 米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 客員博士研究員を兼務)
2010年〜2016年 甲南大学先端生命工学研究所(FIBER) 助教
2016年〜 甲南大学先端生命工学研究所(FIBER) 講師
学位
博士(理学)
主要な著書・論文
  • H. Tateishi-Karimata, K. Kawauchi, and N. Sugimoto
    Destabilization of DNA G-quadruplexes by chemical environment changes during tumor progression facilitates transcription
    J. Am. Chem. Soc, 140, 642–651 (2018). [Selected as a Cover]
  • C. Zhao, H. Song, P. Scott, A. Zhao, H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto, J. Ren, and X. Quo
    Mirror-image Dependence: Targeting Enantiomeric G-quadruplex DNA by 10 Pairs of Triplex Metallohelices
    Angew. Chem. Int. Ed., 57, 15723-15727 (2018)
  • K. Kawauchi, W. Sugimoto, T. Yasui, K. Murata, K. Itoh, K. Takagi, T. Tsuruoka, K. Akamatsu, H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto, and D. Miyoshi
    An anionic phthalocyanine decreases NRAS expression by breaking down its RNA G-quadruplex
    Nat. Commum., 9,2271 (2018)
  • H. Tateishi-Karimata, T. Ohyama, T. Muraoka, P. Podbevsek, A. M. Wawro, S. Tanaka, S. Nakano, K. Kinbara, J. Plavec, and N. Sugimoto
    New Interaction on DNA Stabilization: Oligoethylene Glycols Stabilize G-quadruplexes via CH-π Interactions
    Nucleic Acids Res, 45, 7021-7030 (2017). [Selected as an Front Cover]
  • H. Tateishi-Karimata, M. Nakano, S. Pramanik, S. Tanaka, and N. Sugimoto
    i-motifs are more stable than G-quadruplexes in a hydrated ionic liquid
    Chem. Commun., 51, 6909-6912 (2015) [Selected as an Inside Cover]
  • H. Tateishi-Karimata and N. Sugimoto
    Structure, stability and behavior of nucleic acids in ionic liquids
    Nucleic Acids Res., 42, 8831-8844 (2014)
  • H. Tateishi-Karimata, M. Nakano, and N. Sugimoto,
    Comparable stability of Hoogsteen and Watson-Crick base pairs in ionic liquid choline dihydrogen phosphate
    Sci. Rep., 4, 3593 (2014)
  • H. Tateishi-Karimata, N. Isono, and N. Sugimoto
    New insights into transcription fidelity: thermal stability of non-canonical structures in template DNA regulates transcriptional arrest, pause, and slippage
    PLoS One, 9, e9058 (2014)
  • H. Tateishi-Karimata and N. Sugimoto
    A-T base pairs are more stable than G-C base pairs in a hydrated ionic liquid
    Angew. Chem. Int. Ed., 51, 1416-1419 (2012)  [Selected as Back Cover and Hot Topic]
→ その他の研究実績
特許
特開2012-244916 「核酸分子の安定性を制御するためのイオン液体の利用
特開2016-210719 「核酸鎖の四重螺旋構造の形成を可能にするデオキシヌクレオシド誘導体」
他2件(2013年)
学会等における受賞
                            
2006年 8月   第18回生命分子化学研究会若手サマースクール ポスター賞 
2007年 3月   日本化学会第86春季年会 学生講演賞
2007年11月   5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry Nucleic Acids Research賞
                                 (ポスター優秀賞)
2014年 3月   日本化学会第94春季年会 優秀講演賞(学術)
2014年 9月   第8回バイオ関連化学シンポジウム バイオ関連化学シンポジウム講演賞
2017年 6月   第10回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント
2019年 3月   日本化学会 第7回 女性化学者奨励賞
連絡先
研究室:甲南大学ポートアイランドキャンパス5階
e-mail:tateishi@konan-u.ac.jp